出産後にダイエット成功!

gahag-0008729560-1
妊娠前は身長153センチ体重54キロ。元々ぽっちゃりというか、いわいるチビデブでした。

妊娠中は最高68キロまで増えました。

いつも、母子手帳に体重注意と記載されてました。食べるつわり?とにかく食べてないと気分が悪くなる…吐くつわりじゃなくて食べるつわりだったんです。

出産後2ヶ月程たってもまだ妊婦さん?って言われるくらい体型は戻らず…やばいやばい。

痩せないと…でも、痩せないとって思ったら余計に食べたくなる。里帰りも終わり自宅に帰ったら何もかも自分でしないといけない状況に…夜泣きや3時間毎のミルクで睡眠不足。昼間は旦那も仕事でいないから昼御飯も1人分作るの面倒くさくて朝も昼も食べたくなった。

晩ご飯は旦那の為に作らないといけない。でも、晩ご飯作った後は家事と子育てでもークタクタだし眠いし。

食事の量もグッと減りました。気がつけばだんだん自然に痩せていき、

妊娠前から会ってない人に誰か分かってもらえない程痩せて、痩せたらオシャレも着たい服も着れる様になりグッと若返りました。

またそれに併用して美容成分とバストアップ成分を両方とれるサプリメントを使うことで

劣化を防ぐことにも成功したように感じています^^

ボンキュートとベルタプエラリアが参考になります。

とくにプエラリアの効果は生理不順やお肌の調子も良くしてくれる実感力が強かったので是非おすすめですよ!

クリアンテを最安値で買うには公式サイトからがお得!

2016y07m04d_232005085

私はかなり長い間、ワキガで悩んでいました。仕事中にも同僚や取引先の企業の人からちょっと嫌な反応をされることがありました。特になにも嫌な顔をされることを言っていないのに、嫌な顔をされたとき、ニオイのせいかな?といつも不安になっていました。毎日お風呂に入って清潔にしていても、エレベーターにのったときにちょっと嫌な顔をされてしまうこともありました。

そんなとき、インターネットの口コミなどを見て、クリアンテを試してみようと思いました。いろいろな通販サイトを見て価格を比較しましたが、公式サイトから購入するのが最安値だということに気が付きました。公式サイトでは、定期購入をすれば初回の1本目は無料になります。さらに、2ヶ月目以降もずっと36%オフになります。毎月300名限定ですが、月の初めの頃に申し込みをしたらキャンペーンが適用されました。クリアンテはデオドラント製品の中ではやや高めな印象がありますが、定期購入をすればむしろ安いほうだと思います。また、1日1回朝にだけ塗るだけで足りるので、その意味でもコストパフォーマンスは良いと思います。

クリアンテの良いところは、99%の殺菌力・除菌力にあると思います。ワキガの原因は、アポクリン腺から出る汗と雑菌が交わることにあります。ワキガの人はアポクリン腺の量が普通の人よりも多いようです。ひどいときには手術が必要になりますが、それほどひどくないならクリアンテを塗ることで解決できると思います。アポクリン腺から出る汗は、それだけでは無臭です。雑菌と交わることでニオイを発生させますので、99%の殺菌力を持つクリアンテを塗ることで、雑菌を殺してくれるので、ワキガがかなりマシになります。さらに、クリアンテには汗を抑制する効果もあるようです。雑菌と汗の両方をなくしてくれるなら、ニオイの原因はまったくなくなります。私はクリアンテを使うようになってから、人から嫌な顔をされることはなくなりました。もっと早く出会っておけばよかったと良い意味で後悔をしています。

ワキガだけでなく女性の加齢臭を抑えたい場合はこちらもオススメ!

女性の柿渋石鹸 薬用柿渋エチケットソープ>>

 

体臭の対策の為に野菜をよく食べるようになった

2016y05m29d_001803953

体臭が普通の人よりもありコンプレックスに感じていましたが野菜を中心とした食生活にすると体質が変わると聞き、対策の為に野菜中心の食生活を始める事にしました。
最初はあまり変化がありませんでしたが野菜を中心とした食生活に変えて一ヶ月が過ぎようとしていた時、体臭が少し和らいだように感じました。

今までは汗をかいた時などツンとした独特のにおいがしていましたが野菜を中心とした食生活に変えて一ヶ月目くらいではそのようなにおいもなくなり体臭がほとんど気にならなくなりました。
自分は汗を大量にかいてしまう体質なので汗をかいた時は特に体臭が気になっていましたが、今では汗をかいてもあまりにおいがしないのでストレスを感じなくなりました。

気温が上昇する夏場に向けてこれからも野菜を中心とした食生活を続けて体臭の対策を継続していきたいと考えています。
体臭で悩んでいるという方は自身の食生活を見直してみてはいかがでしょうか。
野菜は健康にもいい食材なので予防だけではなく健康にもなれて一石二鳥です。

体臭が気になってストレスを感じてしまうとうつ病になってしまう方もいらっしゃるので、大きなストレスになる前に対策をおこなってみてはどうでしょうか。

こまめに消臭などをしてワキガ対策を

2016y04m30d_002449496

オススメのワキガ対策はこちらがオススメです!
参考にしてみてください^^

ノアンデ ワキガ消臭グッズ

自分はワキガなので臭いにはかなり気をつけているのですが、対策としてはこまめに消臭をしっかりとするということを徹底しています。
お風呂あがりなどは臭いもそれほどないわけですから、清潔にしていればそこまで臭いの心配はありませんのでとにかく清潔さだけには気をつけています。

そのため、朝はどれだけ忙しくてもシャワーをして汗を流してから出勤しますし、しっかりと乾かしてデオドラントスプレーを使って臭いをおさえています。

朝シャワーを浴びておけば暑い時期でもなければ昼間ではなんとか状態を維持することができるので、ひとまずなんとかなっています。
昼休みになるとそこでまたパウダーシートのようなもので脇の汗を綺麗にして、デオドラントスプレーも使っています。
そこからまた退社するまでの間に一回休憩を挟んでそこで消臭をすればとりあえず一日はなんとか過ごせるので、これを繰り返しています。

完全に消臭することができているのかどうかは自分ではわからないところがあるので少し不安もありますが少なくとも、周りを不快にするぐらいの臭いは発していないと思いますので、とりあえず今のやり方を続けてもっといい方法があればそれをどんどん試していきたいですね。

むし歯大国ニッポン~虫歯予防に力をいれなかった結果

0a26ea143d8ca88f4e831fb7125d5306_s

他の国に比べると、むし歯になる割合と生涯的に歯を失う人の数がものすごく多い日本。

ここまで発展した先進国としては、まれに見る程のヒドイ割合といえるのが現状です。

 

その原因というのは、個々の意識が元となってはいますが、

もっと奥の深い根本的な部分にも大きな問題があるようです。

 

デンタル意識の高いフィンランドも昔は同じ・・・

キシリトールで知られる北欧の国、フィンランドも今の日本と同じように虫歯が多い国の一つでした。その当時(50年ほど前)治療ができる歯医者さんは当然ながら、今よりも少なく治療を受けること自体、非常に困難で数カ月待ちも辺りまえでした。

 

この状況は日本もまったく同じ。

 

ともに、あふれかえる虫歯患者の対応に悪戦苦闘をしていたというわけなんです。

 

そして、時は流れて、現在に至るわけですが、

日本の現状は初期に述べたように、デンタル意識が向上したとはとてもいいがた現実の数値をいまだに叩きだしているわけです。

 

具体的な数値を紹介しますと・・・

80歳まで生きたとして、自身の歯が残っている平均本数が

日本では8本にくらべて、北欧では20本

 

なんと2.5倍もの差が生れているのです。

 

北欧と日本の対策の違いとは・・・

ここで当時をもう一度振り返りましょう。

患者があふれかえり、対策を迫られる中でとった行動は

両国とも真逆の動きをとったわけです。

 

日本は、虫歯になった人を治療できるように歯医者さんを増やすために、

診療所を増やし、歯医者を育てる学校を増やしました。

そして、出来る限り虫歯で苦しむ人を治療できる体制を作ろうと一生懸命がんばったわけです。

 

一方、北欧フィンランドでは歯を守る為に歯科衛生士を増やしました。それと同時にいかに予防することが大切なのかをしっかりと国民に教育していったのです。

根本的な原因を絶つことで、長い年月を経ていまでは国民全体がデンタルケア意識の高い健康的なものに生まれ変わったというわけです。

 

両者の違いをみていかがでしょうか? あなたもフィンランド式を採用してみてはいかがでしょうか?
効果の高いブリアンが今大注目です!

あなたの妊活を応援!男性のための妊活サプリメント!

妊活をする上で、葉酸をサプリで摂取することは当たり前の知識として一般的になってきました。
多くの育児本や女性誌で取り上げられている葉酸の効能ですが、実は女性と同じように男性も摂取した方が良いのです。

不妊に悩む夫婦の約3割程は、その原因が男性にあるとされています。
葉酸は赤血球を作り、細胞分裂を促す働きのある栄養素としてほうれん草から発見されましたが、これは男性の精子にも作用されます。

葉酸が不足している男性は、DNA細胞の情報やコントロールが上手くいかず、奇形児が生まれやすいとの研究結果も発表されています。
つまり男性の葉酸不足は、妊娠確率の低下の原因の一部といえるでしょう。

この奇形児に関してですが、胎児は卵子や精子の正常な分裂によって健康な育成が促されます。
ですが、葉酸が不足していると染色体異常のリスクが上がり、葉酸を摂取している夫婦よりも奇形児が誕生する確率が高くなってしまうのです。
厚生労働省もこういった葉酸の働きには着目していて、調理中の熱によって壊れやすい葉酸を、サプリから積極的に摂取するよう呼びかけるようになりました。

妊活は女性だけが頑張るものではなく、男性も一緒になって健康で元気な赤ちゃんを望むものです。
そのためには男性も積極的に妊活に参加し、サプリで補えるものは積極的に摂る必要があるでしょう。